FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山頭火通りのマンホール

残暑強烈な本日の湯田温泉より、シリーズでご紹介。
マンホール絵巻でございます。

≪山頭火通り≫
湯田温泉の中でも東側より、ホテル松政さんの横の通りに≪山頭火通り≫があります。
現在ホテル松政さんの内風呂になっている千人湯にもよく山頭火は通ったそうです。

山頭火(さんとうか)は誰ぞや・・・
明治時代の生まれで、自由律俳句(季語や五・七・五という俳句の約束事にとらわれず自由な俳句)を
世に送り出した代表的な俳人

として知られています。
山口市小郡や、この湯田温泉にも山頭火が庵を構えており、
地元には馴染みの深い俳人です。

マンホール1
ちんぽこも おそそも湧いて あふれる湯

まんほーる2
酔うて こほろぎと 寝てゐたよ

まんほーる3
しぐれへ 三日月へ 酒買ひに行く


自由な俳人ですから、俳句の解釈もご自由になさってみてくださいね。


さて、そんな山頭火。
地酒にもなっています。

旗
山頭火通りの角にある志賀酒舗さんです。

酒や1

酒や
ずらり山頭火のお酒が並びます。


是非、山口湯田温泉のお土産に、山頭火を如何ですか?


そして、湯田温泉の界隈には、山頭火の碑があちこちにあります。
湯田の街を散策してみましょうよ。




ariyoshi




スポンサーサイト

テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yudaspa

Author:yudaspa
湯田温泉旅館協同組合のスタッフがお届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。