FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島応援ツアーに参加してfrom湯田温泉

10月の福島の様子を湯田温泉よりご報告させていただきます。

~山口から福島へ応援団集合~
旅のチカラで元気にしよう


ということで、
福島復興支援ツアー3日間が山口宇部空港発にて催行されました。

福島県南相馬市の復興状況を視察。
南相馬市は、福島県浜通りの北部で太平洋側に位置し面積は398.5㎢
平成23年3月11日マグニチュード9.0の東日本大震災が発生し、
南相馬市は小高区と鹿島区で震度6弱を観測。
さらにこの地殻変動が引き起こした津波が海岸線から約2㎞付近までの地域を呑み込み破壊。


当方、湯田温泉旅館協同組合からも代表してホテル松政の吉村社長に参加していただきました。
携帯写真とともに報告いたします。

東北1
南相馬市内 いまだ地震のあと

東北2
津波跡‥海から500M 
津波で流された車がいまだそのまま放置

東北3
元田んぼは荒れ放題

東北4
向こうに見えるのは海岸線
地盤が低下してまだ水が引かない


山口から1300キロを超える距離にある福島です。
テレビなどの報道で見てはいましたが、
実際にいまだに手つかずの荒れ放題の田畑が続いている姿、
津波に流され放置された車、倒壊したままの家屋、
20キロ圏内立ち入り禁止のパトカーの点滅ライトなどをみると
被害の大きさ深刻さを実感しました。
震災から1年半が経過しているにもかかわらず、
いまだに復興の兆しも見えず家屋などもそのままで、
いったいこれからどうなるのかと暗澹たる思いとなりました。

福島の市長さんにお伺いしましたが
市の職員の方もやめていく方がおられるそうで、
深刻さは一段と深まっているようです。

これを見れば、原発再稼働大賛成とはなかなか言えません。
しかしながら、これからの電力エネルギー事情を考えれば、
まったくゼロというのは現実的ではなく
代替エネルギー開発までの時限的な稼働はやむを得ないのかなとも思います。
また、震災・津波での大変な量の瓦礫処理の問題など
政治に対する不信感がまた一段と大きくなりました。

ぜひ皆様も「福島応援ツアー」に参加され
現実を直視して少しでも、原発問題等々を考えられてはいかがでしょう。
福島に行くだけでも、福島の皆様は喜んでくださると思います。
以上福島レポートでした。

H24.11.8 吉村正則




 
スポンサーサイト

テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yudaspa

Author:yudaspa
湯田温泉旅館協同組合のスタッフがお届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。